エクセル 条件付き書式で0と空白を区別して色分けする方法

Excelの「条件付き書式」でゼロと空白を区別して処理したいときの簡単な方法を紹介します。

例として、「0」ならオレンジでセルを塗りつぶす、「空白」なら色なしとします。わかりやすく、2つの工程に分けて記します。

1. まず「0」のときの条件を設定する

① 表を作っておきます。

②「条件付き書式」を設定したい列を選択。ここではC列を指定しています。

③「ホーム」タブ → 「条件付き書式」 → 「新しいルール」を選びます。

④「指定の値を含むセルだけを書式設定」
⑤「次の値に等しい」
⑥「=0」と記入。

⑦「書式(F)…」を押す。
⑧「塗りつぶし」タブに切り替え色を指定。ここではオレンジを選んでいます。
⑨「OK」

⑩「OK」を押す。すると新しい書式ルールが作成されます。

とりあえずここまでで、「0」のときの書式ルールが作成されました。0のときちゃんとオレンジでセルが塗りつぶされています。

ただしまだこの時点では、「0」と「空白」が区別されていないため、「空白」セルも「0」のセルと同じようにオレンジで塗りつぶされています。次のステップでそうならないように設定を追加しましょう。

2. 続いて「空白」のときの条件を設定する

それでは、次に「空白」のときの書式を設定しましょう。空白のときは「色なし」となるように設定します。

①「条件付き書式」を設定したい列を選択。ここではC列。

②「ホーム」タブ →「条件付き書式」→「新しいルール」

③「指定の値を含むセルだけを書式設定」
④「次の値に等しい」
⑤「=””」を記入。「””」とすることで空白文字を表すことができます(0とは違う)。
※必ず手前に=(イコール)を記述して下さい。そうでないと式がおかしくなります。

⑥「書式」
⑦「塗りつぶし」タブに移り「色なし」を選ぶ。
※「白」ではなく「色なし」です。そして、たとえ最初から「色なし」にカーソルが合わさっていたとしても、しっかり「色なし」を選んでからOKを押して下さい。ここ凄く大事です。
⑧「OK」を押す。

「色なし」を選ぶのは一見何もしていないように見えますが、さっきまではプレビュー箇所で「書式が設定されていません」となっていたのが、「Aaあぁアァ亜宇」に変わったと思います。ちゃんと設定が変更されています。

↓↓ちゃんと変更されている
⑨「OK」を押す。
完成です。「0」のときはオレンジで、「空白」のときは色なし、という風に、0と空白を区別して条件付き書式を設定できました。

条件付き書式を手直ししたい場合

もし条件付き書式を修正したい、手直ししたい、という場合には、「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「ルールの管理」で、すでに設定した書式ルールを編集したり削除したりすることができます。

間違えた場合、もう一度やり直したい場合は、ここから作業するといいでしょう。

その他、備考など

もし空白部分を「色なし」ではなく「色付き(例えばなど)」にしたい場合は、セル選択時に列を指定するのではなく、セルを範囲選択すると、表からはみ出した空白部分に色が付かないのでいいでしょう。
逆に、行がどんどん追加されて増えていくような場合には、この記事で紹介したような、「列選択をして空白セルは色なしを指定する」という方法が、機能的にも手間的にも見た目的にもシンプルでよいかと思います。
条件付き書式で0と空白を区別して処理したいときの方法、手順は以上です。